依存症とは

依存症とは、何かに夢中になり、それをやめようとしたときに、不安やイライラが募り、居ても立ってもいられない状態になることです。こういった症状が依存症の典型的な症状となります。

依存症になるきっかけは、些細なことが始まるのです。
「ストレス解消のつもりで・・・」とそんな軽い気持ちで始めたことが、最初の動機となります。ところが、いつしかそれが無いと落ち着かなくなってきて、それをやめると苛立ちや不安や絶望感が訪れたり、つらい離脱症状が現れる場合もあります。

そういった対象に支配されて、自分の意思で欲求をコントロールできなくなることが依存しているということになるのです。
依存症は、三つのタイプに分けることができます。

①アルコール・タバコ・薬物などの物質に依存する

②買い物、ギャンブル、メールやゲームなどの物質に依存する

③恋愛や親子、友人への依存などの人間関係に依存をする

これらのうち、もっとも注意が必要となるのが、アルコールやタバコ、薬物への依存症です。どうしてかというと、これらは摂取し過ぎると身体にこれらの物質に対する耐性ができてしまい、体への依存状態となってしまうからなのです。

この場合、その物質が切れてしまうと手の震えや発汗、下痢などの離脱症状)禁断症状)が現れるようになります。そのためにこの不快な症状を止めるためにも、その物質を摂取し続けなければならなくなり、依存が更に悪化していきます。

このような状態になった場合、一生その体質と付き合って行かなければならないので、例えばアルコール依存症の場合は、断酒から何年たった後でも、ある晩一滴でもお酒を飲んでしまうと、また際限なくお酒を求める日々の繰り返しなんです。

私は風俗嬢をしていたときに買い物依存症になってしまい、これが欲しいと思うと買わないと気が済まなくなったりしていて、カードローンも使いまくりで大変なことになった経験があります。私が借りていたところ⇒風俗嬢カードローン

今はその依存症もストレスから解放されたこともあり大分落ち着きましたが、当時は考えていることと行動が全く反対のことをしていたので本t脳に苦しかったですね・・・

なぜ依存症になるのか・・・それは、脳内に「快感」を発生させることによって、「生きる意欲」を引き出す神経があります。たとえば、美味しいものへの欲求も、この神経が働いているからこそ起こるもので、私たちは日ごろから美味しいものを食べて快感を得たいと思い、またそれを得ることで生きる意欲が湧き、生命を維持しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>