新学期は出費がたくさん

学生がお金に困る時で一番ありがちなのは、サークルの新入生を勧誘する時期の出費です。

新入生を勧誘するときに、サークルが終わった後で一緒にご飯を食べに行ったり、飲みにつれていくことがありますよね。
このような場合、勧誘の場なので、飲食にかかった代金は大抵上級生がおごることになります。
これが週に1回ならいいんですけど、週に2回とか3回とかになってくると、結構な出費になってくるんですよね。
下級生にも、心の中では財布の中身を気にしつつ、建前上は「遠慮せずになんでも頼んで!」と気前のいいことを言わないといけない。
下級生もまだ遠慮とか建前を知らないので、上級生の言葉に甘えてどんどん頼むんですよ。
コレが続いたらそりゃお財布もピンチになるというものです。
でも代々続いているものなので、やらないわけにはいかない。

ですのでこのような時は、自分の食費はできるだけ節約することになります。ペットボトルのお茶は買わないで水を汲んで水筒を持参するとか、サークルがない日は本当に粗食です。修行僧かとつっこみたくなるような食事でした。自炊するときは肉や魚はほぼなし。卵は安い時に買っておく。米は実家から送ってもらう。
ただし、栄養バランスは考えて野菜を多めに取るようにはしていました。スーパーで見切り品になっているものから、上手く状態のいいものを見つくろっていましたね。
タンパク質の補給はほぼ下級生を連れての外食に頼っていました。外食や飲み会をすると油ものやタンパク質は増えますから。
昼ごはんも学食に毎日行くと高くつくので、おにぎりを握って持参していました。

節約しつつも栄養バランスを考えていたせいか、体調を崩すこともなくなんとかなっていましたね。

しかし、この時期に必要となってくるのが教科書代です。僕の選択した授業は割とたくさん買いそろえる必要があったので、痛い出費になりました・・・徐々に買いそろえるわけにもいかないし・・・

そんな時には、親にバレナイようだし大手金融機関相手だから学生でも安心して借りれた学生ローンに助けられました(*´Д`)

※参考サイト・・・学生ローン※低金利で親にも内緒でお金を借りれるカードローン

あとは金欠になりやすい時期にはアルバイトを多めに入れて、すこしでもお金を稼ぐようにもしていました。
新入生の勧誘の時期であれば、そこまで授業やテストも切羽詰まっていないので、結構稼げましたね。それで返済をしてやりくりしていましたよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>